WordPressでアイキャッチ付き人気記事を表示するWordPress Popular Posts の使い方

人気記事一覧を作り、自分で見せたい記事を並べてるブログも多いようですが、そうではなく本当に読まれてる記事を表示することによってリファラーが増えアクセスが上がりました。

いま、サイトやブログ内でよく閲覧されてるということは、それだけユーザーにとって需要のある記事だということになりますね。

需要のある記事を表示することによって内部SEO面に関しても少しは有利になるはずです。

しかし残念ながらWordpressデフォルトには、そういった人気記事一覧の表示機能が無い。

そこで今回見つけてきたのが、人気記事一覧を自動表示してくれるプラグイン「WordPress Popular Posts 」が大変便利だったわけであります。

このプラグインは、アイキャッチも表示可能なので ユーザーの目に止まり少しでも直帰率を減らせられるのではないかと、思います。

まだ、人気記事一覧を表示していない方は、ぜひアクセスアップの為にも活用して頂きたい。

スポンサーリンク

WordPress Popular Postsのインストール

※Wordpress公式ディレクトリにあるプラグインは検索してインストールと簡単ですが、一応初心者向けに書いてありますので、分かる方は飛ばして下さい。

では、早速インストールの説明からしていきます。

まずは、WordPressのダッシュボード「管理画面」を開き「プラグイン」>「新規追加」をクリックしましょう。
すると以下の画像のような画面に切り替わります。

そして、次に画面右上にある 検索ボックスに「WordPress Popular Posts」と打ち込んで検索してください。

検索して表示されましたら「今すぐインストール」をクリックします。
すると「今すぐインストール」が「有効化」に変わるはずなので、忘れずにクリックして有効化しておきましょう。

WordPress Popular Posts 基本設定

プラグインを有効化したら、管理画面の左メニューの「設定」に 「WordPress Popular Posts」が追加されているのでクリックして設定していこう。

ではまず、以下のように「Tools」というたぶをクリックしよう。

ここで設定できることは、記事の横にアイキャッチ画像を表示する設定。

Default thumbnail:という項目は、サムネイルがなかった場合の処理に以下の画像「No Thumbnail」がデフォルトでセットされている。

もし変更したい場合は「upload thumbnail」をクリックして好きな画像を選択すれば表示することが可能。この設定項目は基本的にデフォルトのままで構わないだろう。

Pick image from:という項目は、ドロップダウンからサムネイルを設定する「Featured image」を選択して頂きたい。

Data ランキングの設定

ここで設定できることは、アクセス数を元に ランキング、データをいかに記録・保存するかの設定可能になっているが、ここもデフォルトのままでいいだろう。

Log views from:という項目は、閲覧数を記録する設定になっている。

以下の3項目がドロップダウンメニューから選択可能。

  • Visitors only: 訪問者のみ
  • Logged-in users only: 管理画面のログインユーザーのみ
  • Everyone: ログインユーザー、訪問者、および全てのユーザー

Miscellaneous 設定

ここで設定できることは、リンクをクリックした時の表示方法。

Open links in: という項目は、ドロップダウンメニューから以下の設定が可能。

  • Current window: リンクを同一ページ内で開く
  • New tab/window:とは新しく別タブでウィンドウを開く

Use plugin’s stylesheet: という項目は、CSSによるスタイルの調整が可能になっている。

ウィジェットで人気記事一覧の表示

外観 > ウィジェットと進み、利用できるウィジェットに「Popular Posts」が追加されているのが、分かるかと思います。

これを表示させたいエリアにドラッグ&ドロップしていただきたい。

※ここではサイドバーにしているが、ウィジェットエリアならどこでも構わない。

ウィジェットの設定

分かりやすく赤枠で囲んだ部分を以下にまとめるとこうなる

  • Title: サイドバーのタイトル
  • Show up to: 記事リンクの表示数
  • Sort posts by: 記事リンクの並び順
  • Time Range: ランキング・データの保存期間
  • Post type(s): ランキング・データの対象ページ
  • Stats Tag settings人気記事リンクの表示

ではまず、「Title」には サイドバーに表示される見出しになる部分。
「人気記事一覧」や「よく読まれている記事」などユーザーにすぐわかるようにしましょう。

「Show up to」は 人気記事を表示する数を設定できる。
ユーザビリティを意識すると表示する記事数は10前後が妥当でしょう。

「Sort posts by」は 人気記事表示スタイルの設定が可能になっている。
以下の3項目からドロップダウンメニューで選択。

  • Comments: コメント数の多い順に表示する
  • Total views: アクセス数が高い順に表示する
  • Avg. daily views: 1日の平均アクセス数が多い順で表示する

Total Views: アクセス数が高い順に表示するが、一般的でしょう。

では次に「Time Range」ランキングの期間を設定する。

以下の4項目がドロップダウンメニューで選択することが可能。

  • Last 24 hours 24時間
  • Last 7 days 1週間
  • Last 30 days 1か月
  • All-time 累積

Last 30 days 1か月が一般的でしょう。

次に「Post type(s)」では、ランキング・データを記録する対象となるページの設定。
デフォルトでpost,page「個別投稿、固定ページ」が設定されている。

固定ページは外して、個別投稿「post」が一般的でしょう。

次にStats Tag settingsは、WordPress で管理する記事の日付やコメント数、著者名などのデータを表示する設定。以下の5項目が設定できる。

  • コメント数
  • 閲覧数
  • コンテンツの著者名
  • 日付
  • カテゴリー名

私は設定していないが、チェックして表示の確認をしてみてもいいでしょう。

あとは、保存して完了です。

※なお、日本語化することも可能になっている。
必要であれば、日本語化してみてもいいでしょう。

WordPress Popular Posts の日本語化

「WordPress Popular Posts」のような有名なプラグインは、「翻訳ファイル」よく配布されている事が多いので、ありがたく使わせていただきましょう。

日本語化に必要な翻訳ファイルを以下で配布されていますので、クリックしてダウンロードページにジャンプします。

wordpress popular posts 日本語 の最新翻訳ファイルを配布しています。ご自由にお使いください。

ダウンロードが完了したら、作者様の説明通り以下のように
wp-content / plugins / wordpress-popular-posts/ lang の中に入れてください。

そしてWordPress本体を再読み込みさせてください。

もしわからない場合は作者「Pasonal」様に直接コメントするのがい一番早いでしょう。

※最新版は(Ver 3.3.3)になっていますので確認しておきましょう。2016/01/27 現在

スポンサーリンク

フォローする