WordPressのスパムを0にしたThrows SPAM Awayの使い方

以前「スパムを一気に減らしてくれるSI CAPTCHA Anti-Spamの使い方」という記事を書きました。

https://xn--dckta2f5e8cqc.net/wp-plugin-captcha/

このプラグインはコメント欄にキャプチャコードを表示するものでした。

このプラグインのおかげでスパムが無くなったはずでしたが、わずかながら来てしまいました。

そこで、スパムを0にしてくれておまけに無料のプラグインなんかないな~って調べていたらThrows SPAM Awayというプラグインを見つけました。

早速使ってみたらその日から一度もスパムが来なくなったぞ!!という最高の成果だったので、その紹介です。

 

目次 ▼

スポンサーリンク

Throws SPAM Awayのインストール方法

installに関してThrows SPAM Awayは、Wordpress公式プラグインで登録されているので簡単ですね。

一応簡単ではありますが、インストールの説明です。

まず以下の画像のように管理ページの「プラグイン」から「新規追加」を選択します。

 

そして右側にある検索ボックスから「Throws SPAM Away」と検索すれば出てきますので、「今すぐインストール」というリンクをクリックします。

 

インストールが出来たら「今すぐインストール」だったのが「有効化」に変わったはずなので有効化しましょう。

Throws SPAM Awayの使い方

Throws SPAM Awayの使い方なんですが、以下の画像のようになっていればオッケーです。

 

ちなみに、「日本語が含まれない投稿は…」という文字のIDは#throwsSpamAwayです。

私の場合は「コメントを送信」ボタンから少し余白をいれたかったので、以下のようにしています。

#throwsSpamAway {
  margin-top: 15px;
}

 

結果このように少し見やすくなったはず…

 

以下のリスト1~4まではデフォルトで有効になっている機能です。

  1. 日本語を含まないコメントははじく
  2. リンク含有数によってはじく(デフォルトで3つ)
  3. 空のダミーフィールドを生成しJavaScriptでの制御を行うことでスパム判定
  4. スパムちゃんぷるーDNSBLに登録されているIPからのコメントをはじく
  5. NGキーワード判定
  6. IPアドレスによる判定
  7. ブラックリストにIPが登録されているものははじく
  8. ホワイトリストにIPが登録されているものは通す

参考サイトWordPressのスパムコメント数を12812→0にした方法

まとめ

一応私の場合はインストールして有効化しただけで全くスパムは来ていません。

日本語のコメントまではじかれてるのでは?!っと、ちょっと心配になり自分でコメントしてみましたがちゃんと来てました。
あと上記のリスト5~8の項目は設定が必要なようです。

もし設定が必要なようでしたらWordPressのオフィシャルサイト上にあるプラグインの説明ページで解説されています。

作者が日本人ということもあり説明が丁重に書かれていたのですごく分かりやすいかと思います。

私が参考にさせて頂いたサイトは以下です。詳しく説明されていたので参考にしてみてください。

参考サイトThrows SPAM Awayでコメントスパム対策を完璧に。自動削除で運用の手間ゼロ

The following two tabs change content below.

けんじ

どうも、運営者のけんじです。 Wordpressが好きで、テーマをちょこちょこ弄ってます。 気になった事をリサーチして書くことが多いので、主に雑記ブログだと思ってください。 こんなブログですがどうぞ、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローして最新情報を受け取る

コメントはこちらからどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

お手数ですが* が付いている欄は必須項目になります。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)