301リダイレクトを簡単に出来るRedirectionの使い方

何かとブログを書いていたら、沢山記事がたまってきてカテゴリー分けしても いっぱいになると、特定の記事だけを別の場所へ引っ越したいなんてことがあると思います。

 

記事を移動させるのはツールのインポートエクスポートでできるので、簡単なのですが、引っ越し先のURLにリダイレクトする必要がありますね?

 

通常.htaccessファイルを編集する必要がありわからないで、触ってしまうと大変なことになりかねません。

そんな時に初心者でも簡単に出来るのが「Redirection」というプラグイン

このRedirectionを使ったリダイレクトが簡単だったので紹介していきます。

 

目次 ▼

スポンサーリンク

Redirectionプラグインのインストール

通常ですとプラグインのインストールは管理画面のプラグインから「新規追加」を選択します。

 

検索ボックスに「Redirection」と入力すれば出てきます。「Redirection」プラグインが表示されたら右上のリンク「今すぐインストール」をクリックしてインストールして下さい。

 

インストールが終わればプラグインを有効化しましょう。

Redirectionの使い方

まずは管理画面のツールにRedirectionが追加されているのがわかるはずです。

 

では、記事のURLが以前のものになっていますので、引っ越しをしてきた現在のサイトのURLに記事を表示させるためリダイレクトの設定をします。

 

新しい転送ルールを追加の「ソースURL」にリダイレクト対象のURL「記事があった前のサイト」を入力し、「ターゲットURL」にリダイレクト先のURL「記事を表示したい現在のサイト」を入力して「新しい転送ルールを追加」ボタンをクリックすれば完了です。

まとめ

最初は少し、ん?ってなったかもしれませんが、やってることは単純で「ソースURL」が元々記事があった場所のURLで、「ターゲットURL」が引っ越しして来た場所のURLということになります。

また、パーマリンクを変えてしまったなどで、インデックスされてるURLを現在のパーマリンクに指定してあげることも可能なので、ぜひ活用してみてください。

The following two tabs change content below.

けんじ

どうも、運営者のけんじです。 Wordpressが好きで、テーマをちょこちょこ弄ってます。 気になった事をリサーチして書くことが多いので、主に雑記ブログだと思ってください。 こんなブログですがどうぞ、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローして最新情報を受け取る

コメントはこちらからどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

お手数ですが* が付いている欄は必須項目になります。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)