iPhoneで通信が無い時でもWebページをオフラインに保存して、いつでも見る方法

iPhoneのSafariには、元々オフラインで保存した後、いつでもWebページを閲覧出来る機能が付いてますので、余計なアプリをダウンロードするという面倒な作業も必要なく簡単に出来たりします。

 

ではWebページをオフラインで保存する方法を簡単に説明していきます。

 

まず、iPhoneのSafariを開いて真ん中のコレをタップします。

 

そしてこのリーディングリストというのをタップすれば、保存は完了!

簡単ですね〜 これでオフラインでも見れるようになりました。

 

 

保存したものはSafariを開いて、ここをタップします。

ブックの形をしたやつです。

 

すると先ほどのページが保存されています。

 

はい、これで保存したものをタップすればオフラインでも見れるという事になります。

※(今回は、あえて機内モードにしてますが、オフラインで閲覧出来てる状態を分かりやすくするためです)

 

いかがだったでしょうか?

 

オフライン閲覧の使い道ですが、例えば、こんな方に使える機能ではないでしょうか?

 

通信制限でネットが低速になり繋がりにくいとか、Wi-Fiのみで使用してる方。

ガラケーを主体に、iPhoneは中古で購入し、公共の無線(Wi-Fi)だけ
を使用してる方など。

 

そういったネット環境が安定していない時などには重宝する機能ですので、ぜひご活用ください。

The following two tabs change content below.

けんじ

どうも、運営者のけんじです。 Wordpressが好きで、テーマをちょこちょこ弄ってます。 気になった事をリサーチして書くことが多いので、主に雑記ブログだと思ってください。 こんなブログですがどうぞ、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローして最新情報を受け取る

コメントはこちらからどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

お手数ですが* が付いている欄は必須項目になります。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)