【純血統種猫メインクーン】激かわモフモフのキャンディーちゃんです。

なんとなんと、うちのこの猫ちゃんなんですけど、、ちょっち訳ありでありまして…. これから日記がてら成長をメモリーに残しておこうと思います。

 

これは私が夜中の公園で体動かしてた時の話なんです。

 

一直線に私の方めがけ、もの凄い勢いで走って来たんですよ!!
こんな事ってあります?

 

その時は、うわぁぁっ!!何じゃ??っと思ってビックリさせられました。

 

なんともかわいそうな姿で…. ドロドロに汚れており、おまけに不自然なケガまでしてました。大体のこの子の今までの歴史はアフォ~な私でもピン!っと感じます。

 

多分相当な虐待を受けてきたことでしょう…. 私に助けてって、そう言っているような気がしました。

 

とりあえず、警察に通報して猫のありのままの現状を見てもらい、この後どうするかはお兄さんが決めることですよ?

 

まぁそう言うなら同じ世界で命をやどした者同士ですから、来るべきして来た子だと私は思い、お家に連れて帰ってあげることにしました。

 

ゆっくり、ゆっくりと汚れた体を彼女と一緒に丁寧に洗ってやりました。

 

そして乾かした時に 思わず二人一緒に同じことを口にしてしまった。

 

なんだ!?この子普通の猫じゃないなぁと。

 

でもこの子、野良猫ではないと 誰もが思うであろう綺麗なネコちゃんですよね?

なんだか毛の色も真っ白で、触った毛の感触はフワフワっですわ。

 

これは野良猫ではなぁと 思い始めたら私の性格上ですが、この子の種類が気になって仕方がないんですね。

 

しかし最近のスマホは、ホンマ便利なもんですな?

 

パシャッ!!っと、一発入魂で簡単に写真撮れちゃうし、iPhoneのアプリで写真から何者かを検索できたりるんですね。

 

わたしの自画撮りを検索したらオスマンサンコンが出てきたとか出ないとかwwww

 

さて、うちの猫ちゃんですが、アプリで写真検索しましたら Google先生が教えてくれました。

 

あ、やっぱり!純血統種の猫ですよ!!何と猫の王様と呼ばれる、あの有名なメインクーンでした。

 

どうしよ…. 大型種の猫やん大きくなるし ^^;

 

因みに外国のインスタからお借りした画像では、このサイズ(笑)

こらえらいこっちゃで!!デカなったら食べられそうやん!!

 

と言いつつも 元気に大きく成長してくれたら嬉しいです( ´艸`)ププッ

 

追記:

急遽書き直しなりましたわヽ(`Д´)ノプンプン

 

とりあえず向かう前に近くの動物病院を調べて電話をかけ、猫の年齢と品種は見てもらったら分かりますか?と聞いたら、

 

あ、はい大体は分かりますよ?という

 

この子を連れて行った時はメインクーンて言われてさ、ずっとメインクーンと信じてたのに….

 

今日になって違う動物病院に連れて行ったときに、一言探りで聞いてみたことがある。

あえて猫の品種で聞いてみた、メインクーンという猫は肌が弱い品種なのか?と、

 

しかし私が思ってたというか、期待してた反応と違う訳です。

 

先生の言い分はこうでしたね。

暑さに弱いかな?この子もメインクーンと似たような寒い環境の品種ですからね~

 

っておいおいおいおい!!?

…え?先生この子メインクーンじゃ無いの??って聞いたらこれ。

 

この子はノルウェージャンフォレストキャットという品種ですよ?

 

何を確信して言っているのか分からないが、、、え、何それ?名前なっが!( ´艸`)ププッ

 

いやそれ以前に、獣医師の大体わかります発言がアバウトすぎたな ちくしょう….

 

先生が言うには、なんか鼻やらあごの形、猫の品種独自の特徴を それっぽい言い方で納得させようという発言を聞いて わたくし納得せずに帰ってきました。

 

とりあえず高熱出して明日寝込みそうな感じですね…. こう見えて(見えてないけど)私、ガラスのハートなもので ^^; スミマセン

The following two tabs change content below.

けんじ

どうも、運営者のけんじです。 Wordpressが好きで、テーマをちょこちょこ弄ってます。 気になった事をリサーチして書くことが多いので、主に雑記ブログだと思ってください。 こんなブログですがどうぞ、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フォローして最新情報を受け取る

コメントはこちらからどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

お手数ですが* が付いている欄は必須項目になります。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)