最近どのブログを見てもFacebookやTwitter、はてブなどのSNSボタンが設置されているとおもいますが、公式のボタンはデザインにまとまりがなく おまけに表示速度が遅いと思っている方も多いのではないのでしょうか。
ここで、WordPressのプラグイン「SNS Count Cache」を使えば、簡単にシェア数の高速表示を実現できるので、SNS Count Cacheの紹介です。

スポンサーリンク

SNS Count Cache のインストールと有効化

WordPress公式のプラグイン検索しするだけだが、一応初心者でもわかりやすいように説明してますので、分かる方はとばして下さい。

まず管理画面のプラグイン >「新規追加」から「SNS Count Cache」を検索。

SNS Count Cacheの「今すぐインストール」をクリックしてインストールします。インストールが終わり少し経つと「有効化」に変わるのでクリックして有効化しましょう。

SNS Count Cacheの設定

この時点で管理画面の左メニューにSNS Count Cacheが追加されているので、SNS Count Cache >「設定」をクリックしてください。
するとこの「シェア基本キャッシュ機能」のページになるはずです。

シェア数のチェック間隔という項目、デフォルトでは「600 秒で 20 記事ずつ」というふうにシェア数を取得するので、早めたい時はこの間隔を変えることも可能になっています。
サーバーへの負担などを考えるとデフォルトのままが理想かもしれません。
ほっておいても、プラグインが勝手にシェア数を取得するためフェフォルトが無難でしょう。
設定は以上で完了です。
その他の設定項目は基本的にデフォルトでOKです。詳しい設定内容はプラグイン制作者、まるぼんさん「@marubon_jp」のサイトを参考に設定してみてください。
あと、このプラグインに対応しているテーマsimplicityや私のテーマを使用していればここまでの設定で大丈夫です。
分かる方は以下のコードを表示するボタンやバルーンなどに記述するだけです。

わからない場合TwitterやFacebookのカウント設定なども以下のサイトが詳しかったので参考にしてみてください。
参考サイト賢威7のソーシャルボタンをカスタマイズしてみた!表示速度UPでいい感じ!

 

オリジナルのシェアボタンのサンプルを紹介されているサイトもあります。
参考サイトツイート数やはてブ数を取得して高速表示できるSNS Count Cacheの使い方

参考サイト【STINGER5カスタマイズ】オリジナルソーシャルボタン(シェア数あり)を設置したよ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCandystyleをフォローしよう!