サイトマップといえばカテゴリ分けした記事一覧の表示など、訪問して頂いたユーザーに目的地をハッキリと伝えられるため、いわばサイトの案内図のようなものですね。

また、直帰率を下げる内部SEOに関しても有利になるので、ぜひ設置しておいて頂きたい。

サイトマップを作るには、例えば条件付きで if is_page(‘sitemap’)というふうに「固定ページのスラッグが「sitemap」だった場合」このような条件で処理コードを書けば実装可能です。

しかし、少し面倒ということもあって 初心者でも簡単に出来るようなWordpressのプラグイン「PS Auto Sitemap」というのを見つけて大変便利なプラグインだったので紹介しておきます。

スポンサーリンク

PS Auto Sitemapのインストール

WordPress公式のプラグインは検索してインストールと簡単ですが、一応初心者向けに書いてますので、分かる方は飛ばしちゃってください。
ではまず、管理画面から >プラグイン >「新規追加」と進んでください。

すると以下の画面のように右側の検索ボックスから「PS Auto Sitemap」と検索して頂いたら出てくるはずです。
表示されたら「今すぐインストール」をクリックして少し経過すると「有効化」に変わるはずなので、クリックして有効化してしておきましょう。

サイトマップ用のページを作成する

まず「PS Auto Sitemap」を使用するには、投稿ページではなく 固定ページを使うので間違わないように注意してほしい。
では、固定ページ > 新規追加で、サイトマップ用の固定ページを用意しましょう。
以下の画像のようにタイトルを「サイトマップ」や「全文はこちら」など分かるように入力しましょう。次にテキストエディタで以下のコードを入力してください。

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

タイトルとコードの入力が完了したら更新して、公開ページを確認してください。
次に固定ページの「ID」を貼り付ける作業になります。
IDは今作ったサイトマップ用の固定ページのURLをみてください。

「…post.php?post=【ID】&action=…」の【ID】の部分を使いますのでコピーしましょう。

PS Auto Sitemap を設定する

では、管理画面の「設定」>「PS Auto Sitemap」をクリックしてください。

ここで設定できること

  • ホームページの出力
  • 投稿リストの出力
  • 固定ページリストの出力
  • サイトマップを表示する記事
  • 出力階層制限
  • 先に出力するリスト
  • カテゴリーと投稿の表示
  • 除外カテゴリー
  • 除外記事
  • スタイルの変更
  • キャッシュの使用

以上の11項目が設定可能になっているので以下で説明します。

ホームページの出力

サイトタイトルのテキストリンクを指すもので 必要なければチェックを外しておこう。

投稿ページの出力、固定ページの出力

そのまま投稿のリンク、固定ページのリンクを載せるかどうかの設定。

サイトマップを表示するページ

ここで先ほどサイトマップ用に作成した固定ページの【ID】を貼り付けます。

出力階層制限

ここではカテゴリーの入れ子「階層化」を何層まで表示するかの設定。

先に出力するリスト

そのまま、投稿が先か固定が先なのかを設定。

カテゴリーと投稿の表示

同一マップ内と投稿を文割となっている、文割はカテゴリーごとに別ページにリンクされる。
通常は同一マップ内でいいでしょう。

除外カテゴリー

除外カテゴリーは表示したくないカテゴリーを示す。

除外記事

除外記事では表示したくない記事を指定できる、除外設定するには、先ほどサイトマップ用に作成した固定ページの【ID】を調べたように、同じ要領で特定のIDを入力すればいいでしょう。

スタイルの変更

ここではサイトマップのスタイル「外観」をドロップダウンで選択可能になっている。
サイトのスタイルに合うものを選択してください。

キャッシュの使用

「キャッシュの使用」はほかにキャッシュ系プラグインを使用していると競合してしまうので、チェックを外しておきましょう。
設定が終わり「変更を保存」をクリックすれば PS Auto Sitemap の設定は完了です。
サイトマップページの内容、デザインがちゃんと表示されているか確認しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCandystyleをフォローしよう!