プラグイン無しでも設定が可能だが、特に初心者の方がテーマを直接触るのは危険だろう。
そこでogp設定が簡単にできる「All in One SEO Pack」というWordpressプラグインが便利だったので紹介します。

スポンサーリンク

OGP とは

 

OGPとはOpen Graph Protcolの略称で、FacebookやTwitter、mixiなどのSNSでシェアされた際に、そのページのタイトル・URL・概要・アイキャッチ画像(サムネイル)を意図した通りに正しく表示させる仕組みです。

 

引用元Facebook・TwitterのOGP設定方法まとめ|ferret [フェレット]

このOGPタグがテーマ側から出力していれば、この設定は必要無いのでテーマ作成者に確認していただきたい。

何がしたいのか?

で、結局何がしたいかというと以下のような表示だとどうだろう?
これがデフォルトの表示だが、ぱっと見では何が伝えたいのか分かりにくい。

 

それを以下のようにすればどうだろう?
お?これはGoogleに関する記事だなってすぐわかるはずだ。

 

All in One SEO Packのインストール

※Wordpress公式ディレクトリにあるプラグインは検索してインストールと簡単ですが、一応初心者向けに書いてありますので、分かる方は飛ばして欲しい。

 

では、早速インストールの説明からしていきます。

まずはWordPressのダッシュボード「管理画面」を開き「プラグイン」>「新規追加」をクリックしましょう。

 

そして、次に画面右上にある 検索ボックスに「All in One SEO Pack」と打ち込んで検索してください。表示されたら「今すぐインストール」をクリックすればインストール開始になります。

しばらく経つと「今すぐインストール」の部分が「有効化」に変わるので忘れずにクリックして、有効化にしておきましょう

All in One SEO PackでOGPタグの設定

まず、デフォルトの状態でAll in One SEO PackはOGPタグの設定が無効になっているので、それを有効にしてやります。

 

この時点で、管理画面の左メニューから「設定」に「All in One SEO 」が追加されているのでそこから「機能管理」へアクセスしてください。
ここで「ソーシャルメディア」の「Active」という部分をクリックして、以下のようにブルーに色が変われば機能の有効化は完了です。

 

これで管理画面の左メニューの「All in One SEO」のメニュー項目に「ソーシャルメディア」が追加されているのでクリックして、設定していこう。

 

ホームページの設定

ではまず、最初の項目ホームページの設定を行っていこう。
ホームがシェアされた場合の設定を「ホームページ設定」にて行う。
サイトが有名になれば、サイトそのものがシェアされる傾向にあるため設定しておこう。

 

  • サイト名は、そのまま自分のサイト名を入力してください。
  • ホームタイトルは、シェアされた際に表示したいtextを入力してください。
  • ホームディスクリプションは、サイトの簡単な説明を「キャッチフレーズ的な」
  • ホーム画像はサイトがシェアされた時に表示したい画像を入力してください。

画像設定

 

以上で設定は完了です。

記事ごとのOGP画像設定

記事ごとにOGP画像を設定する事が可能なので、もしこの設定でも反映されていない場合は、使ってみてもいいでしょう。
現時点で投稿エディターの下にこういう画面が追加されているので「ソーシャル」というタグをクリックすれば、項目にタイトル、デスクリプションと続き、画像の項目があるので、好きな画像を選択することが出来るので試してみてください

 

まとめ

「All in One SEO Pack」はこれだけの機能では終わらない、他にも色々便利な設定ができる。
もっと詳細に設定をしたい方は、特にバズ部様が詳しく説明されているので参考にして欲しい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCandystyleをフォローしよう!