image-17

正しいシャンプーの仕方を紹介します

毎日のシャンプーは、髪の栄養に必要となる 最低限の皮質まで落としてしまうため、洗いすぎると抜け毛の原因になります
また、キューティクルが剥がれるために、パサつきの原因にもなりますので気を付けましょう。

必要最低限の皮質とは、体内から構成されるタンパク質(アミノ酸)
この成分が毛根の栄養になってます、洗髪は二日に一回の頻度で大丈夫です

毎日洗わないと逆に不潔になるんじゃないの?

image-14

 

ただ単に毎日髪を洗う、その行為事態が、ダメと言うわけでは無いです。

市販のシャンプーには洗った時の爽快感を与える為に、洗浄能力の強すぎる成分(ラウリス硫酸)や頭皮の臭いを取る為の防腐剤(パラベン)などが含まれているためです

有名なモデルさんがとてもきれいな髪の毛で、シャンプーの商品をテレビや雑誌など、最近では、サイトなどでも紹介されていますよね?
それは、商品の宣伝のためにストレートパーマを当てたり、もしくはコテで伸ばしたり その後つやが出るようにトリートメントを何度か繰り返しているために、あんなにもサラサラになっているんです。
一時的には艶が出たりサラサラになったりはしますが、他社ライバル競争でシリコンや科学配合物を入れてごまかしてるだけですね。
もともと人間本来の健康な髪を取り戻し、ダメージを低減させる為にもそういった 科学配合物が入っていない製品を使うようにしましょう。

そんなシャンプーどこに売ってるの?

image-18

 

成分配合が最高に良い、このCOTAのシリーズなんですが、ネットでは旧シリーズのみの販売しかしておらず 美容室専売用品で高かったり、それぞれの髪質に適した番号を選ぶ必要があるなど色々面倒なわけで、お手頃な価格で化学配合物の入っていない、無添加シャンプーがオススメです。

正しいシャンプーの仕方をマスターしよう

まず最初にシャンプーをするとキューティクルが剥がれやすいので、洗髪の際に指がギシギシと摩擦を起こし、髪が抜けてしまうのを防ぐ為にまずはリンスを付けておくこと、そして身体を洗いリンスを落とし次にシャンプーで洗髪、この順番が理想的です。

ツメをたてガシガシと洗うのは当然NGです、指の腹で優しく撫でるよう洗っていきましょう。

シャンプーをした次の日はお湯だけで洗い流すようにします

熱めのお湯が良いという書込みが多いですが、それは間違いです
熱いお湯は皮脂を取りすぎる為、目に見えなくても炎症を起こしていますフケやかゆみといった原因の元になりますので気をつけましょう。

お湯で洗い流す場合は指でゆっくりと皮脂を溶かしていくイメージで洗髪をします。お湯の適温は少しぬるめの38℃が理想です。

 

自然乾燥は危険行為です

洗い終わった髪は濡れていますので、キューティクルが開いている状態です。空気中には大量の細菌やカビの胞子などが飛んでいる為、キューティクルが開いたままでは細菌等が付着しやすく
臭いやカビの原因になる為、自然乾燥は絶対にNGです。
image-15

しっかりと、ドライヤーで髪を乾かし、ヒートアップした髪に冷風をあてて落ち着かせてから
洗い流さないトリートメント等でケアをしましょう。

特に冬の時期は肌の乾燥ですね?

頭皮も顔などと同様に皮膚なんですよ?最近では頭に使う保湿用のローションもありますので、
頭皮も乾燥から守ってあげましょう。

image-16
髪の綺麗な人は若々しくて良いですね〜一度参考にされてみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCandystyleをフォローしよう!